札幌 特定非営利活動法人まある

011-624-7570

まある創業の想い

ある日、息子が障がい者と伝えられた。

受け止められなかった。向き合えなかった。

家族や兄弟、他人までもが一生懸命に
愛情という名の水を注いでくれた。

受け止めるはずの自分のグラスは倒れていて、
その水はすべて流れていった。

どうしていいのか分からなかった。
なによりも、先が不安だった。

そしてある日、気が付いた。
自分が変わらなければいけないことに。

立て直したグラスには自然と水が溜まっていった。
息子は色々ありながらもすくすくと育ち、
あっという間に高校2年生を迎えた。

また不安がやってきた。

今はいい。私がいるから。

でも将来は・・・

そして今日、気が付いた。

将来に向けた自立を目指して

札幌 特定非営利活動法人まある

“自立”とは、自分がやりたいことを自分で見つけて、
自分の力で進めていけること。

つまり、人生を“自分で選択できる”ということ。

当事業所では、「精神的な自立」と「経済的な自立」を目標に、
決して押し付け出るのではなく、
本人がやりたいことを実現するための目標設定と振り返りを二人三脚で取り組みます。

「精神的な自立」

自分で掲げた目標をひとつずつ達成すること。
この成功体験の積み重ねが、障がい特性を活かして自分の苦手意識を克服へと導きます。

「経済的な自立」

収入を得るために働けることだけが経済的な自立ではありません。
お金の使い方や役所での手続きなど、生活に必要な世の中の仕組みを覚えることも立派な経済的な自立の一環です。

011-624-7570 お問い合わせ